借金は雪だるま式に増える

本当に雪だるま式に膨らんだ借金

給料

私が産まれてから幼稚園ぐらいの間までは、我が家はそれなりに裕福で貯金も沢山あったそうで、借金とは無縁でした。 ところが、私が小学生の頃バブルがはじけてしまい、父親の仕事が激減しました。

当時、父は大工をしており、主に一軒家を建築していましたが、不景気で一戸建ての注文が減ってしまい、マンションの方が人気になった為収入がかなり少なくなりました。 そんな時に父が仕事で怪我をしてしまい、仕事が出来なくなりました。

母親はその頃は専業主婦で、我が家は無収入になってしまったのです。 母が働くという意見もあったのですが、当時小学生の私を一人ぼっちにさせたくないという強い主張で無収入でも専業主婦のままでした(私は一人っ子です)。

無収入になってしまって、最初は田舎の祖父母に援助してもらっていましたが、年金暮らしで苦しいということもあって、ついに消費者金融に借金の相談に行ったのでした。 最初は1ヵ所からとりあえず20万円でしたが、毎月の利息を合わせた借金返済が苦しくなり、自然な流れで他社からも借入し、またそこの借金返済をする為に、他所からという具合に、あっという間に多重債務者になりました。

私が聞いた限りでは借金の総額は100万円を超えていたようです。 当然、支払能力も無い状態が続いたので良い借金返済方法の目途が立たずに、結果的に弁護士に借金の相談をし任意整理手続きを行いました。

不安定な仕事が根本的な原因

私は今、借金返済の最中です。 主に車の維持費で借金をして、その上、仕事も安定しないことが、借金が増えていった原因でした。

借金になった原因をいろいろ考えてみました。 そして大きな結論に達しました。 それはお金を自分のためだけに使っていたことです。 当時の私は、一人暮らしをしていたので、収入は必然的に自分の生活費に充てていました。

その収入の一部を誰かのために使ったり、労働力を誰かに提供するようなボランティアのようなことを全く行っていませんでした。 正直、経済や借金などのお金の仕組みがよくわからなかったのかもしれません。

私は一生懸命勉強をして、一生懸命仕事をしていけば、お金は必然的にたくさん入ってくるものだと思っていました。 しかし、それは大きな間違いでした。

一生懸命勉強しても、なかなか安定した条件の良い仕事には就けませんでした。 就職してからも、その仕事を一生懸命やって成果を挙げてきたつもりです。 しかし、その仕事も終了してしまい、続いていくことはありませんでした。

そのころは収入が少なく、いつも生活に困窮していました。 借金が借金を呼んで、どんどん膨らんでいっていたからです。

仕事も勉強も、生活も、全て自分のためにやってきたことが原因だったということでした。 今は考えを改めています。 現在、以前借りたお金の借金返済をしていますが、お金回りはだいぶ良くなってきたと感じています。

Copyright (C) 借金返済方法の見直しガイド All Rights Reserved.